ご親族の段取り

お亡くなりになられてから、ご葬儀後1週間までの流れ

大切なご家族やご親戚がお亡くなりになる──急なことでなくともお身内の皆様には、おつらいことでしょう。しかし、だからこそ必要な手続きや段取りを滞りなく行なって、故人様をしっかりお見送りしたい――。

 

こちらでは、真心込めたご葬儀、家族葬をご提供する所沢の絆典礼が、こうした場合に必要な手続き、段取りについてご説明しています。ぜひ、ご参考になさってください。

臨終からご葬儀までに行なうこと

お身内のどなたかが亡くなられた場合、下記の流れに沿って段取りが進みます。ただし、宗派や地域によって若干の違いが生じます。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

家族のご危篤・ご臨終に際して行なうこと

関係者への連絡

医師からご危篤を告げられた場合は、ご臨終に際して立ち会いいただきたい方に連絡を取り、できるだけ速やかにお集まりいただきましょう。事前に連絡先をリストアップしておくと慌てずに済みます。喪主様がすべての方にご連絡せずとも大丈夫です。こういう時だからこそ、近しい方に手伝ってもらうとよいでしょう。

看取り・末期の水

ご臨終を告げられたら、家族、立ち会っていただいた方全員で末期の水(死に水)をとります。割り箸の先に脱脂綿を巻き、湯飲み茶碗に入れた水に浸して故人様の方の口唇を軽く湿らせるようにします。(病院により対応は異なります)

Please reload

PICK UP! 病院で亡くなられた場合

療養中の病院でお身内がご危篤状態になると、入院先から緊急に呼び出しがあります。こうした連絡が来たら、ある程度覚悟をし、心をなるべく平静に保ちつつ病院へ向かいましょう。少しでも動揺していると車の運転などは危険です。可能な限り、タクシーや公共交通機関を利用しましょう。病院に到着し、お身内のご臨終を確認したら、近親者、故人様の知人、友人に亡くなったことを知らせましょう。また、死亡診断書を作成してもらい、絆典礼(0120-447-556)に連絡をしてください。

Please reload

「死亡届」の提出・ご火葬の手続き

亡くなった方をご火葬するには死亡届を管轄の市町村または本籍地、亡くなられた地域の役所に届ける必要があります。役所手続きは絆典礼スタッフが代行させていただきますので、ご安心ください。

[STEP1]死亡届に必要な事項を記入する

入院先の医師またはかかりつけ医から死亡診断書の左半分は、死亡届の欄になっていますので、こちらに所定の事項を記入していただきます。

[STEP2]死亡届を7日以内に提出する

[STEP1]で必要事項を記入した死亡届は死亡が診断された日から起算して7日以内に現住所がある管轄の市町村に届ける必要があります。死亡届を提出することで火葬許可証が発行されます。提出の際には印鑑が必要となりますので忘れずにご持参ください。届出印は認印で構いませんが、浸透印(シャチハタ)は使えませんので、ご注意ください。

[STEP3]火葬許可証を受け取る

死亡届を役場に提出すると、その場で火葬許可証が交付されます。ご火葬の際はこの書類を火葬場に提出します。ご火葬が終了すると捺印され、これがご納骨などを行なう上で必要な埋葬許可証になります。

火葬許可証の提出まで、絆典礼スタッ